【無料PDF】映画とドラマの心に突き刺さるセリフ

【海外ドラマの英語】英語で、ていねいにお願いできますか?

サンディエゴからこんにちは!

オンライン英語コーチの塩浜尚子です。

 

今回は、ていねいに頼むときの英語フレーズをご紹介します。

 

ドラマ「リトル・ファイヤー彼女たちの秘密」にでてきました。このドラマは同名ベストセラー小説が原作です。

 

私は本を読まない状態で先にドラマを見ました。そして今、オーディオブックを聴いているところなんです。

 

【ドラマのあらすじ】

舞台は1990年代、オハイオ州クリーブランド市の郊外にあるシェイカーハイツという高級住宅街。リチャードソン・ファミリーの豪邸が焼け落ちるところから話が始まります。

 

リチャードソン夫妻には10代の子どもが4人。母親のイリーナは、所有しているアパートを恵まれない人に安く貸すことを社会貢献だと考えています。

 

そのアパートに入居することになったのがアーティストでシングルマザーのミアと娘のパール。ミアは1つの場所に落ち着かず、各地を転々としながら娘を育ててきました。

 

この2つの家族が関わるにつれて、さまざまなあつれきが生じて、思いもよらぬエンディングに向かっていきます。人種の違い、貧富の差、価値観の違い、家族、親子の関係など、さまざまな要素がからみあって、最後まで目が離せないドラマです。

 

【場面の説明】

では、ていねいに頼むときのフレーズがでてくるシーンを説明します。 

 

あるとき、ミアがパールを妊娠していたときと思われる写真が新聞に大きく掲載されます。この写真がミアの過去を知る手がかりだと考えたイリーナは、写真家が教えていたNYのアートスクールで在籍者名簿をみせてほしいと頼みます。

 

普通は部外者に名簿を見せることはないので、ムリなお願いだとわかっているイリーナのセリフに注目してください。(ぜひ記事トップになある動画もご覧ください)

 

 

I was just wondering if it would be possible to see Ms. Hawthorn’s class roasters from the early ’80s?

ホーソン教授の80年代初めの学生名簿を見せてもらうことはできませんか?

*補足:class roasters=在籍者名簿


【解説】

 

英語は過去形にして、ていねいさを出す言葉です。

 

I am wondering if よりも I was wondering if と過去形にしたほうが、よりていねいになります。

 

I was wondering if... を頼みごとの文章の前につけると、とてもていねいな訊き方になるんです。

 

そして if it is possible to よりも if it would be possible のほうが、よりていねいでやわらかいニュアンスが出ます。

 

wouldという助動詞は英語のコミュニケーションにおけるクッション、または潤滑油のような役割を果たします。つまり、かどが立たない言い方になるのです。

 

これこそ、私が渡米前に知っておけばよかったと思ったこと。これから英語圏で生活する予定の方はぜひ would の使い方を身につけておきましょう。

 

家族や友人などの親しい間柄であっても、would を使うことは多いです。いいえ、親しい間柄だからこそ相手を思いやる言い方をする、と考えたほうがいいですね。



【今回のフレーズ】

 

I was just wondering if it would be possible to ...

〜してもらうことはできますか?

 

 

ていねいに何かを頼むときにぜひ使ってください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

Have a wonderful day!

 

[FREE]

Happy Thursday Newsletter 

映画・TVドラマ・洋書のストーリーを通じて英語力をアップさせる情報をお届けします♪

Close

50% Complete

Happy Thursday Newsletter

映画・テレビドラマ・洋書を通じて、英語が楽しく学べる情報を毎週木曜日にお届けします(いつでも購読解除できます)