間違った木に向かって吠える!【犬】にからんだ英語イディオム

barking up the wrong tree

こんにちは!

 

映画/ドラマ/洋書が大好きなオンライン英語コーチ Naoko です。

 

今回はbarking up the wrong tree】というイディオムをご紹介します。

イディオムとは文字通りの意味ではなく、隠れた意味があるフレーズのこと。今回のイディオムも、文字通りに訳すと「まちがった木に向かって吠える」という意味ですが、「見当違いな考えを持つ、非難する相手を間違える」という隠れた意味があります。

 

ドラマ「アフェア〜情事の行方〜」に出てきました。

 

 

copyright: SHOWTIME

 

 

【あらすじ】

 

小説家でもある教師のノアは、有名作家の娘である妻ヘレン、4人の子どもと、NYで充実した生活を送っていた。ある夏、郊外の避暑地モントークにある義父母の豪邸を一家で訪ねる途中、立ち寄ったレストランでウェイトレスのアリソンに偶然出会う。そんなアリソンは近くにある牧場のオーナー、コールの愛妻。夫妻はかつて幼い息子を失った悲しみを乗り越えようとしていた。次第にひかれ合い、急接近するノアとアリソン。二人の関係がまわりに様々な影響を与えるなか、ある事件が起こる…

 

【場面解説】

 

ある男性が殺されるという殺人事件が発生。参考人としてアリソンが刑事に事情聴取されているシーンです。

 

copyright: SHOWTIME 

 

刑事:Where were you staying that night? (あの夜はどこに泊まったんですか?)

アリソン:I told you.(もう話したでしょう)

刑事:You drove back to the city.(車で町に戻ったんでしたね)

アリソン:Yeah, that’s right.(そうです)

刑事:So you think I’m barking up the wrong tree?(あなたを疑うのは見当違いですかね) 

アリソン:I don’t know. I just want to help you do your job.(私は協力したいだけです)

I’ll do anything to find out what happened to him.(彼に何があったのかを突き止めるためなら何でもします)

I can’t believe he’s gone.(彼が死んだなんて信じられませんから)

----------------------------

 

【barking up the wrong tree

元は、獲物を追いかけていた猟犬が獲物を見失って、間違った木に向かって吠えていることから「見当違いをしている」という意味になったそうです。獲物は別の木の上にいるのに、この木だ!と思ってキャンキャン吠えている犬を想像してください。いつも進行形で使います。

 

犬が出てきたところで、犬の鳴き声のボキャブラリーを増やしましょう!

  • bark:キャンキャン吠える
  • yelp: 子犬がキャンキャンほえる
  • bow wow:わんわん
  • woof:ワフワフ(たいてい2回繰り返して woof woof)
  • whine: 寂しそうにクンクン鳴く
  • howl:遠吠えをする

 

参考までに「犬」を使ったイディオムを紹介したサイトのリンクです。

DOG Idioms: 16 Useful DOG Idioms and Sayings

 

【今回の英語】

So you think I’m barking the wrong tree?

あなたを疑うのは見当違いですかね?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Happy learning!

 

 

しおはま なおこ

 

 

 

P.S.前に「へぇ〜」と思ったのがhair of the dogというイディオム。「迎え酒」のことです。

無料メルマガ

毎週木曜日、あなたの受信箱に映画ドラマ洋書を通じて英語力をアップする方法をお届けします♪

いつでも購読解除できます