💕その気持ち💕英語で言えますか?🎥映画「インサイド・ヘッド」からの英語

Inside Out

 

 

サンディエゴから こんにちは!英語コーチのしおはま なおこです。

 

映画・ドラマ・洋書を通じて楽しく英語を身につけるヒントをお届けしています。

 

 

自分の気持ちを言葉で表現するのって日本語でもむずかしい。第2言語の英語なら、なおさらです。

 

でも自分の気持ちを表現できるのは自分だけなんですよね。

 

今回は映画「インサイド・ヘッド」(2015年:原題 Inside out)を題材に、emotions(気持ち・感情)について考えます。

©Walt Disney Studio Motion Pictures

 

【あらすじ】

11歳の少女ライリーは両親とミネソタで幸せに暮らしていました。しかし父親の仕事でサンフランシスコに引っ越すことに。新しい学校にもなじめず孤立してしまったライリーは、両親に対しても不満をつのらせ、ついに家出を決意しますが…

 

人間は生まれたときから5つの感情がある、という設定です。色分けされていてわかりやすい(笑)

 

©Walt Disney Studio Motion Pictures

 

JOY ヨロコビ (黄)

SADNESS カナシミ(青)

DISGUST ムカムカ(緑)

FEAR ビビリ(紫)

ANGRY イカリ(赤)

 

頭の中に感情をコントロールする司令塔(Headquarter)があり、この「感情5人組」がコンソールを操作しています。

 

©Walt Disney Studio Motion Pictures

 

いつも明るくて元気なヨロコビがリーダー格。ヨロコビが他の4人を説明するセリフをみてみましょう。

 

 ï¼ˆå’Œè¨³ã¯ç§ã®æŠ„訳)

-------------------------------------------

 

That’s Fear. He’s really good at keeping Riley safe.

ビビリは、ライリーの安全を守るのがすっごく得意。    

 

 

This is Disgust. She basically keeps Riley from being poisoned, physically and socially.

ムカムカはライリーの身体も友人関係も毒されないように見張るのが基本的な仕事。

 

 

That’s Anger. He cares very deeply about things being fair.

イカリは、すべてがフェア(公平)じゃないと気がすまないのよね。

 

 

And you’ve met Sadness. I’m not actually sure what she does.

カナシミには会ったわよね。彼女も役割が何か、実はよくわからないの。

 

-------------------------------------------

 

常に前向きでハッピーなヨロコビには、なぜカナシミが存在するのかわかりません。でも最後にはカナシミとヨロコビがどちらも欠かせない存在であることがわかる、という感動ストーリーです。

 

この5人組が、その気持ちがどういうものなのかを表情や態度であらわしてくれるのがとても面白い♪自分の頭の中にも「感情5人組」が確かにいるな!と思えてきますよ。

 

最後に感情を表す言葉はこんなにあるということがわかる emotional wheel を紹介します。

 

https://twitter.com/sayitvalencia/status/1384875854937927683より

 

 

一番外側の言葉は、私もまだ使ったことがないものがいっぱい。

 

自分の気持ちにぴったりくる言葉を英語でも使えるようになりたいと思っています。

 

ぜひ映画「インサイド・ヘッド」をご覧になり、感情・気持ちについて意識してみてください。意識を高めることで「ハッ!」という気づきがありますよ。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

人生も英語も楽しんだもの勝ち!映画・ドラマ・洋書のストーリーで楽しく英語を習慣にしましょう♪

 

Happy learning!

 

しおはまなおこ

 

P.S.ライリーたちが入居した家具がない家の様子を見て、2009年の渡米当初を思い出しました。やっと賃貸物件を決めたのはいいけど、家具が何もなかったんです!寝る場所だけは確保したいと思って、空気を入れてふくらませるタイプのエアマットレス買っておきました。でも、空気を入れるポンプを充電する必要があることを知らなかったんです!口で息を吹き入れる体力も気力も残っていなくて、最初の夜はペッタンコの状態で寝ました(涙)カーペットだったのがせめてもの救いでしたね。

 

無料メルマガ

映画・ドラマ・洋書を通じて英語力をアップする方法をお届けします♪

いつでも購読解除できます