無料メール講座

🎌日本の英語学習者への禁断の問いを投げかける本「英語が出来ません」😭

日本 英語

サンディエゴからこんにちは!

 

映画と英語が大好きな英語コーチ

しおはまなおこです。

 

 

今回は日本の一時帰省のときに買って面白かった本をご紹介します。


刀祢館正明著「英語が出来ません」

 

これは英語上達のためのノウハウ本ではありません。

 

本の帯からの文句を拝借すると:

 

“英語忍者”の名物記者が禁断の問いを投げかける。

なんでこうなの?ニッポンの英語。

 

著者の刀祢館 正明(とねだち・まさあき)さんは、日本における英語について考える人。だから「英語ができない」という悩みを解決するのではなく、一歩ひいた視点で日本における英語について書いています。

 

特に心に残ったのが本書の128ページにある、日本人女性ジャーナリストの言葉です。

 

 -----------------

英語の上手な日本人を見て気づくのは、次の二点です。

一つは、英語を読む量がズバ抜けて多いこと。読むことがおそらく語学の基本であり、量をこなすことによって言語に慣れていくのではないかと思います。語彙も読むことによってふえます。

 -----------------

 

やっぱり「読む」ことが基本なんだ!と深くうなずきました。

 

洋書「ワンダー」を読み切るオンライン動画講座を作ったくらい、私は熱烈な洋書ファン。この本を読んだあとは洋書が読みたくなることうけあいです(笑)

 

「なんでこうなの?ニッポンの英語」という禁断の問いに対する著者の答えにも、私はかなり共感しました。実はみんな心の奥底では気づいているけど、見ないふりしていることかも。

 

ぜひ読んでみてほしい、オススメの一冊です。

 

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

  

//////////////////////////////// 

人生は楽しんだもの勝ち!

英語も楽しく習慣にしましょう♪

////////////////////////////////



P.S. もう1冊、面白かった本は佐藤雅彦著「毎月新聞」。「人間はそもそも考える力があり、それを使うことに喜びを感じる生き物でもあります。(283ページより引用)」という言葉に深く共感しました。

生きた英語が学べる「映画・ドラマ・洋書」を教科書に

楽しく英語を学ぶコツをお伝えする無料メール講座

詳しくはこちら!