アカデミー賞ノミネート映画「ソウルフル・ワールド」からの英語

ソウルフル・ワールド

 

サンディエゴから こんにちは!

オンライン英語コーチのNaokoです。

 

今回は、アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされている映画"Soul"(邦題「ソウルフル・ワールド」)からの英語をご紹介します。

【あらすじ】

NYに住むジョーは中学で音楽を教えていますが、本当の夢はジャズ・ミュージシャン。あこがれのジャズ・クラブで演奏するチャンスを手に入れた直後、マンホールに落ちてしまいます。

 

ジョーが迷い込んだのは「ソウル(魂)」たちが暮らす世界。地上での人生が終わって消えていくソウルたちと、これから人間となる生まれたてのソウルたちがいます。生まれたてのソウルは、地球で人間として生まれる前にどんな性格になるか、どんなことに興味を持つかをここで決めるという設定になっています。

 

教育係が小さなソウルたちをさまざまな性格の館(英語ではpersonality pavillion)に送り込むシーンに注目しました。2つご紹介しますね。

 

  • --------------------------●

 

まず1つめは the Excitable Pavilion

 

【excitable】

 

意味:興奮しやすい、すぐカッとなる

類語:emotional, temperamental, easily upset, easily agitated, easily frightened

反対語:calm, placid(落ち着いた、冷静な)

 

この館から出てきたソウルたちは下の画像のように興奮してキャッキャ言ってます▼

 

  • --------------------------●

 

次の館は the Aloof Pavilion

 

【aloof】

 

意味:よそよそしい、冷淡な、人を寄せつけない

類語:unfriendly, cool, cold, indifferent, distant, reserved

反対語:friendly, familiar(親しみやすい)

 

この館から出てきたソウルたちは、こんな表情▼

 

 

私にとって excitable aloof もなじみがない言葉でした。

 

exciting/excitedはよく使うけど、excitableが性格を表す表現だということはこの映画で初めて知りましたよ!

 

aloofも、なんとなく意味は推測できるけどハッキリとは分かっていませんでした。今回、類語と反対語を調べたことで「なるほど!」としっかり刻み込まれたのです。

 

映画で出会ったときに、その意味と類語(できれば反対語も)を調べてボキャブラリーを広げていきましょう。これぞ「英語はストーリーで出会ったときに覚える」の真骨頂です。

 

あなたはexcitableですか?それともaloof?英語で自己分析してみるのも楽しいですよ。あるいは身近な人を思い浮かべて「あの人って〇〇だなぁ」と英語にしてみるとか。

  

遠い世界で起きていることより、まずは身近なところからボキャブラリーを増やしましょう!

 

 

  • --------------- 今回の英語 ----------------●

 

excitable:興奮しやすい

aloof:よそよそしい、冷淡な

 

  • ------------------------------------------------●

 

 

この映画の監督は「なぜ私たちはここにいるのか?どこからやってきたのか?何のためにここにいるのか?」を問いかける作品だと言っています。

 

今までの人生を振り返ったり、これからの人生をどう生きていくかを考えるきっかけになる素晴らしい映画なので、ぜひ見てくださいね♪



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Happy learning!

 

Naoko 

 

P.S. アメリカで気づいたことの1つが、ペットの性格を表現するのに friendly をよく使うということ。娘が小さいころ、一緒に歩いているときよく犬の散歩をしている人とすれ違いました。犬が近づくと幼い娘は怖がるのですが、飼い主は必ず Oh, he/she’s friendly.と言ってましたよ。

無料メルマガ

毎週木曜日、あなたの受信箱に映画ドラマ洋書を通じて英語力をアップする方法をお届けします♪

いつでも購読解除できます