【映画の英語】ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ主演の映画「マイ・インターン」からの英語

The Intern

 

06/11/2020

サンディエゴから こんにちは!

オンライン英語コーチのNaokoです。

今回は映画「マイ・インターン」から、「みんなの人気者」という意味の英語表現をご紹介します。

 

【あらすじ】

 

70才のベン(ロバート・デ・ニーロ)は、40年務めた会社を引退。3年前に妻に先立たれているため、胸にぽっかり穴があいています。偶然「シニアインターン募集」のチラシを見つけて応募、トレンド最先端のファッション・サイトで働くことになります。

 

この会社はジュールズ(アン・ハサウェイ)が1年半前に起業し、今や220名の社員をかかえる人気サイト。社長として大忙しのジュールズは食事も睡眠もろくにとっていない状態です。

 

あまりの忙しさにシニアインターンのことすら忘れていたジュールズ。彼女が直属の上司となったベンですが、ジュールズからは何の指示も出ません。でも社内をよく観察し、困っている人がいたら助けるという形で貢献するベンは、だんだん社内の人気者になります。

 

【場面説明】

ジュールズが部下のキャメロンと歩きながら話をしています。

 

  ---------------------------

ジュールズ:I noticed my intern sure keeps busy.(彼は忙しそうね)

キャメロン:Mr. Congeniality. He's a very big hit. Everybody loves him. (ベンはすっかり人気者だよ。雇ってよかった。みんなに好かれてる。)

---------------------------

 

Mr. Congenialityとは「だれにでも好かれている人」という意味。

 

英語力アップのために効果的な方法として、私はいつも英英辞典を使うことをオススメしているので、ここでも紹介します。

 

Meirriam-Webster Learner’s Dictionaryは、英語を外国語として学んでいる人のためのオンライン辞書。例文がたくさんのっているのがいい!

https://learnersdictionary.com/

 

Mr. Congenialityの解説を引用します。

Someone who is described as Miss Congeniality or Mr. Congeniality is a very friendly person who could win a contest for having the best personality.

(Naoko訳:人気者コンテストがあったら優勝しそうな、誰にでも好かれている人のこと。)

 

congeniality という長くて難しい単語も、こうして映画にでてきたときにその人物・状況をひっくるめて覚えると、記憶に残りやすいです。ぜひオンライン英英辞典も使ってみてくださいね。

 

今回は「だれにでも好かれる人気者」という意味のMr. Congenialityをご紹介しました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Have a wonderful day!

無料メルマガ

映画・ドラマ・洋書を通じて英語力をアップする方法をお届けします♪

いつでも購読解除できます