【海外ドラマの英語】「コーヒーじゃ済まされないわよ」を英語でいうと?

not gonna cut it

 

サンディエゴから こんにちは!

オンライン英語コーチのNaokoです。

 

今回は「〜では足りない、〜では済まされない」という意味の英語フレーズをご紹介します


英語では not gonna cut it と言います。gonna は going to が省略された形。

 

否定形で使うことがほとんどです。私が映画やドラマで出会った限りではすべて not gonna cut it という形でした。

 



弁護士ドラマ「スーツ」の第3シーズンの14話です。

 

つきあっているカノジョを裏切るようなマネをした弁護士ハーヴェイは、謝ろうと思ってコーヒーを買ってきました。でも秘書のドナに「コーヒーなんかじゃ済まないわよ」とたしなめられます。

 

But, Harvey, if you really did do that to her, coffee isn't gonna cut it.

 もし本当にそんなことを彼女にしたのなら、コーヒーじゃ済まないわよ

 

コーヒーを買ったぐらいじゃ許してもらえないわよ、というニュアンスですね。ドナにピシャリと言われたときのハーヴェイの顔がいい(笑)!敏腕弁護士のハーヴェイも、長年の秘書ドナには頭があがりません。

 

このフレーズの cut it は cut the mustard必要な基準を満たす・期待に応える)という古いイディオムが短くなったという説もありますが、定かではありません。

 

よく出てくる例は:

Sorry’s not gonna cut it.

ごめんなさいじゃ済まないよ


「cut」という動詞が「切る」という意味で使われていないところが興味深いです。

 

今回は「〜では足りない、〜では済まされない」という意味の英語フレーズ

not gonna cut it 

をご紹介しました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

Have a wonderful day!

 

無料メルマガ

映画・ドラマ・洋書を通じて英語力をアップする方法をお届けします♪

いつでも購読解除できます