言いやすい!覚えやすい!だから英語は韻を踏む

韻を踏む英語フレーズ

 

こんにちは!

 

今回は、韻を踏んだ英語をご紹介します。

 

英語には韻を踏んでいる、つまり語呂合わせのフレーズがたくさんあります。言いやすいし覚えやすいから宣伝文句に多いですね。日本語でも「セブンイレブン、いい気分」や「インテル、入ってる」などのキャッチフレーズは覚えている方も多いのではないでしょうか?

 

 

先々週、私は腰をピキッと痛めてしまって週に4〜5日は通っているピラティスに行けませんでした。久しぶりに行ったとき顔なじみの友人がこう言ってくれたのです。

 

Naoko, motion is lotion!

 

「こまめに動くことこそが身体をしなやかに保つ秘訣よ!」という意味です。まさに私に必要な言葉だったし、うまく韻を踏んでいるのでスーッと頭に染み込みました。

 




今回は宣伝文句ではなく、日常会話でよく耳にするフレーズを5つ紹介します。



①Easy peasy, lemon squeezy.

 

「とってもカンタン」という意味です。

 

easy peasy だけでも使うし、全部言うときもあります。peasyに特に意味はなく、語呂合わせ。

 

 

 

 

 

②okey-dokey / okie dokie

 

「OK」という意味で、オーキードーキーと読みます。

 

 


③See you later alligator. / In a while crocodile.

 

さよならを言うときに、子ども同士や大人が子どもに向かっていうことが多いフレーズ。See you later alligator.と言ったら、In a while crocodile.と返すのが通例。

 

See you later alligator.(またね)

「レイター」と「アリゲイター 」という語呂合わせ。

 

In a while crocodile.(じゃあね)

「ホワイル」と「クロコダイル」という語呂合わせ。

 

 

さよなら三角またきて四角、を思い出しました(笑)

 

 

 

 

 

④Suck it up, buttercup! 

 

Suck it up は「文句言わずにやりなさい」「つべこべ言わずにやりなさい」という意味。buttercup に特に意味はなくて「up」と韻を踏んでいるだけです。

 

 

What’s up, buttercup? 

 

これも「どうしたの?」という意味の what’s up? に buttercup をくっつけているだけ。リズムが出て面白いですよね。

 



 

⑤teensy-weensy / teeny-tiny

 

 

洋書「ワンダー」にこういう文章が出てきます。

 

She was cutting one of the apples we had just gotten at the farmers’ market into teensy-weensy bites so I could eat it.(ママはファーマーズマーケットで買ったばかりのリンゴを、ボクが食べやすいようにちっちゃく切っていた)

ここの teensy-weensy は「ちっちゃい」という意味です。teeny-tinyとも言います。

 

 

自分で口に出して言ってみると「おおっ言いやすい!」と感じるはずです。映画やドラマによく出てくるので、意識してみてくださいね。

 

今回リンクを貼った動画は、映画・ドラマ・CMで使われている英語フレーズが検索できるサイトYarnからのものです。実際にしゃべっている動画を見ると覚えられますよね♪

 

今回は韻を踏んだ英語フレーズをご紹介しました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

Happy learning♪

無料メルマガ

毎週木曜日、あなたの受信箱に映画ドラマ洋書を通じて英語力をアップする方法をお届けします♪

いつでも購読解除できます