大ベストセラー作家の自伝には8回も登場!意外と知られていない【so much for〜】の意味と使い方

映画 洋書 英語フレーズ 英語学習
James Patterson book

 

サンディエゴからこんにちは!

英語コーチ しおはまなおこです。 

 

映画/ドラマ/洋書を活用して、英語を楽しく味わうヒントをお伝えしています♪

今回は予想が外れたり、情報が間違っていたりしたときの表現【so much for〜】についてお話します。

 

【 so much for〜】で辞書をひくと、まず最初に出てくるのは:

〜についてはこれだけ; これでおしまい, もうやめる 

例文▸ So much for today.

今日はこれまでにします.

 

という定義です。

 

でも、映画・ドラマ・洋書でよく出会うのは:

  • こう言われたけど全然違ったね
  • こう思っていたけど全然違ったね
  • あの情報は何だったんだろうね

など、予想が外れたり情報が間違っていたりしたときに使う場合です。

 

というのも、8月に聴いていたオーディオブック、ジェイムズ・パタースンの自伝に【so much for〜】がなんと8回も出てきたんですよ。

 

 

 

ジェイムズ・パタースンは、1947年米国生まれのベストセラー作家。犯罪スリラーや心理スリラーを得意とする社会派で、ニューヨークタイムズ紙のベストセラー1位を数多くの著作で獲得しています。映画化された作品には「コレクター」「スパイダー」など。モーガン・フリーマン演じる、黒人のワシントン市警の刑事部長にして臨床心理学博士のアレックス・クロスが主役のシリーズです。

下は「コレクター」と「スパイダー」の映画ポスター。観たことある!覚えてる!という方も多いのでは?

 

 

8つのうちの1つを紹介しましょう。実際に起きた殺人事件を題材にした作品”Murder of a Small Town” を映像化する企画が持ち上がったときの話です。2つの大きな会社が名乗りをあげて70万ドルで入札しようとしました。でも、パターソンと彼の友人であるドキュメンタリー監督ティム・マロイは、5万1千ドル以下の予算で作りました。

 

以下、引用しますので読んでみてください。

 

We bid the film out to two top documentary companies, one in New York, one in LA. Both came in with bids over $700,000. Tim and I thought the bids were outrageously high. Absurd. Dumb. As a TV news journalist, Tim had shot a lot of film. I had produced movies, TV shows, and thousands of TV commercials. We knew we could do Murder of a Small Town for a lot less. That’s what we did. We finished the film, all in, for $51,000. We shot it with a local cameraman. Then Tim and I edited it in a strip mall in West Palm. The documentary went on to win two 2016 Emmys and appeared on PBS and Netflix. So much for $700,000 productions.

 

Patterson, James. James Patterson by James Patterson (pp. 300-301). Little, Brown and Company. Kindle Edition. 



70万ドルの製作予算は何だったんだ!(70万ドルなんて必要ない)というニュアンスです。ムダに予算をかけなくても、エミー賞を受賞するレベルの作品は作れる、と言っています。

 


 

私が提供している動画講座【ワンダフル・ワンダー】でも、このフレーズをとりあげています。

 

「ワンダー」は生まれつき顔の疾患をかかえた10才の男の子オーガストが主人公。オーガストのお姉ちゃんオリビアは、病気がちで手術も多い弟のことを大切に思っています。弟にかかりっきりの両親を心配させないように気を配る優しい女の子ですが、それでも時々は甘えたくなります。

 

珍しくお母さんとお気に入りの古い映画を家で見られるチャンスがあったのに、オーガストの学校から連絡が入って、映画を見られなくなったときの気持ちをこう表現しています。

 

 

So much for the old movies and the mother-daughter bonding.

古い映画をみながら母と娘の絆を深める時間だったはずなのに。

 

ここでは「がっかりだ」という気持ちが汲み取れます。前後の文脈で、どういうニュアンスなのかを考えてみてくださいね。

 


 

【英語ワンポイントレッスン】

 

So much for $700,000 productions.

 

70万ドルの製作予算は何だったんだ!

(70万ドルなんて必要ない)


 

いかがでしたか?カンタンな言葉の組み合わせですが、文脈によってニュアンスが変わる【so much for〜】を意識してみてくださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

次回もどうぞお楽しみに!

 

Naoko Shiohama

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

人生は楽しんだものがち!

英語も楽しく習慣にしましょう♪

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

P.S.9月からポッドキャストを週2回(火+木)配信しています。ぜひ聴いてくださいね!